トップへ » 当院が選ばれる理由 » 大人の矯正・子供の矯正

大人の矯正・子供の矯正

子供の矯正ガイド

このページでは矯正治療について大人の矯正と子供の矯正に分けてご説明いたします。

子供の矯正ガイド
大人の矯正ガイド

 

子供の矯正ガイド

子供の矯正ガイド「歯が噛み合わず、口を閉じたときに半開きになってしまう」「上の前歯が飛び出ていて気になる」
このような、お子さんの歯並びで、お悩みのご家族はいらっしゃいませんか?

悪い歯並びや噛み合わせをそのままにしておくと、お子さんの将来にたくさんのリスクが伴う可能性があります。お子さんの健やかな成長のためにも、治療の効果の高い子供時代に、矯正歯科治療を受けることをお勧めしています。

子供の頃から矯正治療を始めるメリット

あごの成長のバランスを整え、美しい顔立ちに導くことができる
正常な発育を妨げるような歯並びや癖を改善し、あごやお顔の成長のバランスを整えます。また将来的に外科手術が必用となる症例でも、早めに治療を行えば手術せずに済むケースもあります。顔の骨格顔つきやあごの成長のコントロールは、成長期の子供にしかできない矯正治療です。

永久歯を抜かない矯正ができる可能性が高まる
永久歯が生える場所が充分でないとき、奥歯を後ろに移動させたり、あごの成長を横や前方に促したりすることで、充分なスペースが確保できることがあります。また、将来的に、ワイヤー矯正による本格矯正を始めるとき、抜歯をせずに治療できる可能性が高まります。

お口の本来の機能を取り戻せる
指しゃぶりや舌の癖は歯並びを悪くし、お口をだらしなくあけている癖を引き起こします。また、発音や食べ物の食べ方・飲み方にも影響を及ぼすのです。こうした癖を改善するとともに、お口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニングを行い、正しい筋肉の動きを身につけます。

コンプレックスを取り除き健やかな精神発育を促せる
出っ歯や受け口にコンプレックスを感じ、内向的な性格になることがあります。小児矯正で可能な限り前歯の状態を改善して健やかな精神発育を促します。

永久歯での矯正期間が短くなる
あごの成長をコントロールしたり、永久歯を正しい位置に生えるように導いたりすることで、永久歯列になってから始める本格矯正が簡単になったり、期間が短くなったり、あるいは必要なくなる場合があります。

子供の矯正を始めるタイミング

子供の矯正を始めるタイミング一般的には6歳から7歳、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる時期に行います。また、あごの変形が強いケースでは幼児期(3~5歳ごろ)の診察をお勧めしています。

とはいえ、顔の形が一人ひとり違うように、歯やあご、そして心の成長はお子さんによって千差万別です。早い時期に矯正を始めたほうが良いお子さんもいれば、成長の様子を見ながら始めたほうが良いお子さんもいます。

だからといってアンバランスな骨格を治療しないでおくと、5年後・10年後にはさらに不調和が大きくなり、矯正治療も難しくなります。少しでもお子さんの歯並びが気になりましたら、なるべく早めの歯科医へのご相談をお勧めいたします。

子供の矯正の流れ

子供の矯正の流れ小児矯正は大きく分けて、ふたつのステップに分かれます。

ステップ1/第1期治療
この時期は、永久歯の萌出するスペースを作ったり、歯並びやあごの成長に悪影響を及ぼす噛み合わせの改善を行ったり、順調なあごの成長や歯の生え変わりを誘導していきます。第1治療期がうまくいくと第2治療期では永久歯を抜かずに治療ができる可能性が高まります。

ステップ2/第2期治療
ワイヤー矯正のことです。上下すべての歯にブラケットを装着し、歯のねじれや歯並びを整えて完全な咬合に仕上げる治療となります。
※初診時に永久歯が生え揃っている方は第2期治療から始めます。
 

大人の矯正ガイド

大人の矯正ガイド矯正治療は、以前に比べてずいぶんと身近なものになりました。矯正歯科治療は、もはや子供だけの治療ではありません。最近では、ビジネスマンやOLさんなど男女問わず、美と健康を意識して「大人の矯正」を始める方が増えています。

矯正で美しい歯並びと口元を手に入れる

矯正で美しい歯並びと口元を手に入れる歯並びが悪くて人と話をするとき、いつも口元を気にする、あるいは手で隠してしまう......。など歯並びがコンプレックスになっていませんか?

最近、大人になってから矯正治療を受ける方が増えています。美しい歯並びと「キリッ」と引き締まった口元になり、どの患者さまも自信を取り戻していきます。

いままでデコボコになっていた歯を正しい位置に戻すだけで、あごがスッキリとしたり、鼻を高く見せたり、あるいは口元に若々しさを取り戻すことさえできるのです。「出っ張ったあごが気になる」「口元の突出感がずっとコンプレックスになっている」という方は、ぜひ当クリニックまでご相談ください。

噛み合わせを改善し、全身機能を向上

噛み合わせを改善し、全身機能を向上上と下の歯がキッチリ噛み合わないと食べ物がよく噛めず、胃や腸に負担をかけてしまいます。またあごや顔の成長、発音に悪い影響を及ぼします。それだけでなく、あごの関節や筋肉にも影響を与え、肩こり・頭痛を引き起こし、姿勢が悪くなるとも言われています。

矯正治療で歯並びが整い、噛む機能が回復すると、大切な歯を虫歯や歯肉炎・歯周病から守り、歯の寿命を延ばすことができます。近年、咀嚼力と脳の関係の研究が進み、しっかり噛むことで脳の血流が良くなり、記憶力が向上したり、瞬発力が高まることが分かってきました。

矯正症例

症例1 (20代 学生)
矯正症例

症例2 (30代 会社員)
矯正症例

矯正歯科料金表 (税込)

矯正相談料金
カウンセリング 検査診断料
カウンセリング 検査診断料
まずは初診相談を 31,500円

矯正歯科治療料金
混合歯列期
(第一期・成長期の矯正)
第2回目の矯正 永久歯列期
(第二期)
MTM
(部分治療)
混合歯列期(成長期の矯正) 第2回目の矯正 永久歯列期(第二期) MTM(部分治療)
210,000円~
315,000円
状態により、前歯のみであれば157,500円~のケースもございます。まずはカウンセリンにてご相談ください。
525,000円 ~682,500円
※特殊なケースは除く
52,500円~
315,000円
第一期治療から第二期治療に移行する場合は、第一期治療でお支払い頂いた金額を、第二期治療費より差し引かせていただきます。 メタルブラケットかセラミックブラケット、お好きな方をお選びいただけます。 メタルブラケットかセラミックブラケット、お好きな方をお選びいただけます。  

処置料 保定装置料 クリアライナー
(症例による)
処置料 保定装置料 クリアライナー
月1回3,150円~5,250円 クリアリテーナー:10,500円 診断料:31,500円
1ステップ 片顎:診断による

※矯正料金は分割のお支払いもあります。なお手数料などはいただいておりません。
※保定装置を紛失、破損して再製作が必要な場合は、保定装置料をいただきます。

関連ページリンク

■当クリニックが選ばれる理由
痛くない虫歯治療泣かない小児歯科審美歯科ホワイトニング
予防歯科(クリーニング)歯周病治療インプラント入れ歯
大人の矯正・子供の矯正短期集中治療治療例よくあるご質問
料金表医療費控除

■ドクター紹介・経歴
初めての方へ院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

初診予約・歯についての相談を受け付けています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 大人の矯正・子供の矯正


コールバック予約