トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント

ハーバード大学で学んだ最先端インプラント治療

インプラント

インプラント治療のカウンセリング時に、安全性をひどく心配される方がいらっしゃいます。こうした質問は取り越し苦労に過ぎず、無事手術が成功し、多くの患者さまが自分の歯で噛める喜びを取り戻しています。

当クリニックの院長は岩手医科大学歯学部の医局長を務めた後、ハーバード大学歯学部でハンス・ペーター・ウェバー教授に師事し、最先端のインプラント治療技術を習得しました。大学では学生たちの臨床実習を指導する機会を得、その傍ら、自らも数多くの臨床経験を重ねています。

こうした経験があるからこそ、当クリニックのインプラント治療は安全ですと、自信をもって言えるのです。さらに、院長は咬合を得意とし、噛み合わせを重視した治療を行い、多くの患者さまに噛める喜びを取り戻していただいています。

なお、当クリニックではインプラント治療の無料カウンセリングを行っています。インプラントを検討している方は、お気軽にご相談ください。

インプラント治療って何?

インプラントインプラント治療とはチタン製の人工歯根(インプラント体)をあごの骨の中に埋め込み、その上からセラミックなどの人工歯を被せる治療で、失われた歯の機能を回復します。

入れ歯やブリッジと比べてインプラントが優れている点は、歯の削り過ぎを防ぎ、他の歯に負担をかけることがない点です。さらに噛み合わせたときの違和感が少ないので、自分の歯のように噛めるといった点があげられます。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントインプラントは失われた歯の機能を回復する、優れた治療方法で、快適で安定した噛み心地が得られます。しかし、インプラントはあごの骨の中に人工歯根を埋め込むため、手術が必要です。そのため少なからず肉体的・精神的な負担が伴うことも確かです。

私たちがインプランを検討するとき、メリットだけを考えるのではなく、デメリットも正しく理解することが大切です。

当クリニックでは事前にインプラントのメリット・デメリットを正しくお伝えした上で、インプラント治療を行っています。リスクなども含めてできるだけ丁寧にわかりやすく説明し、お互いの合意のもとに進めていくことが、納得のいく治療につながると考えています。

<メリット>
・人工歯根を骨の中に埋入するので非常に安定性があり、天然歯とほとんど変わらない噛み心地で食事ができる
・ブリッジのように健康な歯を削る必要がないので、ほかの歯を痛めることがない
・入れ歯のように金具をかけて固定しないので、健康な歯を守ることができる
・取り外す必要がない

<デメリット>
・外科治療を必要とし、手術時には腫れや痛みが伴います。腫れは1週間程度、痛みは1~2日程度で治まります。まれに内出血による皮膚の変色がありますが、1~2週間で元に戻ります。
・骨を削るとき、下歯槽神経を損傷させると唇付近に知覚麻痺が起きることがある
・上の顎の上顎洞に感染が起きると、上顎洞炎を引き起こすことがある
・治療期間が長く、インプラントが骨と結合するまでに上顎で6か月、下顎で3か月程度かかる
・自費診療のため費用がかかる。

なお、CT撮影など事前診査を慎重に行えば、ほとんどのリスクは回避できますので、必要以上に怖がったり、心配したりする必要はありません。

インプラント症例

症例1
インプラント症例

症例2
インプラント症例

 

関連ページリンク

■当クリニックが選ばれる理由
痛くない虫歯治療泣かない小児歯科審美歯科ホワイトニング
予防歯科(クリーニング)歯周病治療インプラント入れ歯
大人の矯正・子供の矯正短期集中治療治療例よくあるご質問
料金表医療費控除

■ドクター紹介・経歴
初めての方へ院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

初診予約・歯についての相談を受け付けています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラント


コールバック予約